コラム

社内には男性だけでなく、もちろん女性もいます。
自分が与える印象で人柄を判断される場合が多くありますが、無視できないのが「社内の女性からどのように思われているか?」ということ。社内の女性から人柄を判断される場合もあるのです。
女性受けのいい男性になるためには、どんなことに注意すればいいのでしょうか?
ここでは、女性受けのいい男性の特徴をご紹介します。

いつも首回りが汚れたシャツ、伸びた爪やボサボサ頭といった男性は女性から意識して避けられやすいです。反対に、身だしなみに気を配っている男性は好感を持たれやすいといえます。
容姿は持って生まれたものですが、着るものに気を配ったり爪を短く清潔に整えたり、こまめに散髪をすることは、やろうと思えば誰にでもできることです。
女性は男性よりも細かい点に気づきやすいため「これくらい平気だろう」と、考えていると思わぬ痛手を負うこともあるかもしれません。
身だしなみを不潔にしている男性は「人からどう思われているか?」ということを考える余裕がないために、「人の気持ちを考えられない人間」という悪い印象さえ抱かれてしまう恐れがあります。身だしなみにはくれぐれも注意しましょう。

肌にふきでものやニキビができていたり、肌荒れを起こしていると不摂生をしている男性というイメージを抱かれがちです。反対に、肌がきれいだと女性は「何か特別なことをしているのでは?」と、興味を持ってくれます。
スキンケアは女性にとって関心が高いものだからです。男性の肌は男性ホルモンの分泌の関係上、脂っぽくなりやすいため、できれば朝晩男性専用の洗顔ソープや洗顔料を使用して素肌を清潔に整え、洗顔後はローションで保湿をしましょう。
お手入れをしてもすぐに結果が出るとは限りませんが、歳を重ねるごとに肌に違いが現れてくることでしょう。
適切に肌のお手入れをすると肌荒れしにくくなり、女性からの好感度をアップするだけでなく、周囲から健康的な人という良いイメージを抱いてもらいやすくなりますよ。
毛深い人の場合、身だしなみを意識して頻繁に髭剃りをしたために、肌を傷つけてしまうかもしれません。メンズエステやサロンを利用して、毛の生え方を薄くしたり、脱毛することをおすすめします。

見た目をどんなにきれいに整えても「話してみたらつまらない男性だった」と思われてしまっては台無しです。女性は、一見聞き手にまわっているように見えても、心の中では自分の話を聞いてもらいたがっているものです。会話上手な男性を目指すなら、聞き上手になることを目指しましょう。
また、どんなに建設的な意見であっても、相手の答えを真向から否定してしまうと、良い印象を抱かれにくくなります。女性は多くの人が、否定的な意見を聞くよりも自分の意見に少しでも同調してほしいと考える傾向にあります。ですが、あえて自分の意見を曲げる必要はありません。「相手の意見を尊重しつつ、自分の意見を添える程度に述べる」という姿勢が大切です。

誠実な男性ほど「本当のことを言ってあげなければ」と意気込むあまり、女性の気持ちを考えずに自分の考えだけを述べてしまい反感を買いやすい特徴があるので気を付けましょう。

女性受けを良くするためには、清潔さがあることと聞き上手であることが大切です。
まずは清潔で身だしなみの良い男性を目指しましょう。それが出来ることで女性と話す機会も増えてくるはずですよ。