コラム

サラリーマンの必須アイテムであるワイシャツですが、みなさんは普段どうやって洗濯していますか?
黄ばみを落としたりシワを伸ばしたり、細かいことを気にするのが面倒だからまとめてクリーニングに出しているという人も多いかもしれませんね。でも、それも毎回となると出費がかさみますし、できれば家で洗濯したいものです。
そんな方のために、自宅でも黄ばみやシワをビシッと撃退できる、とっておきの洗濯方法をご紹介します。

ワイシャツの襟や袖にできてしまう黄ばみを取るのに、一番手っ取り早い方法は「酸素系漂白剤」を使うことです。本当は漂白剤の中でも塩素系漂白剤が一番強力なのですが、ストライプなどの柄があるシャツやカラーシャツには使うことができません。そのため、柄があるシャツを洗う際は酸素系漂白剤を選ぶようにしてください。

また、後ほどご紹介する黒ずみを落とすための台所用洗剤(中性洗剤)、そして歯ブラシと洗面器があれば用意はOKです。

シャツにつく黒ずみと黄ばみ、別のものだと考えている方も多いかもしれませんが、実は黒ずみは黄ばみの進化形です。黄ばみの原因は人間の身体から出る皮脂ですが、その皮脂が放置されてホコリなどが溜まった状態が黒ずみなのです。そのため、まずはこの黒ずみを除去しなければ黄ばみを落とすことはできません。
ワイシャツをキレイにするためには、先ほど台所用洗剤を気になる黒ずみの部分にかけます。そして歯ブラシで優しく擦ります。生地をなるべく傷付けないよう、柔らかめの歯ブラシを使うと安心です。

続いて、洗面器にお風呂のお湯より少し熱いくらいのお湯(40~50℃)を溜めます。そこに酸素系漂白剤20~30gを入れ、泡が立つまでかき混ぜてください。その洗面器にワイシャツを浸して30分程度待ちます。たったこれだけで黄ばみはグングン落ちていきます。

最後の仕上げとして洗濯機に入れて洗います。ここで重要なのが洗濯機のコース選びです。
ワイシャツの取り扱い絵表示を確認し、洗濯機のマークのみならいつも通りの標準コースで、洗濯機の中に「弱」の文字があったり、手洗いマークがある場合は手洗い(ドライ)コースで洗いましょう。ワイシャツに合ったコースを選ぶことで、ワイシャツの傷みやシワを抑えることができますよ。

また、よりシワがつかないようにするには、脱水の時間を短くセットするのがおすすめです。普通の洗濯物よりもしっとりとした状態で洗濯機から取り出した方が、生地に含まれる水分の重みで自然にシワが伸びます。
脱水後すぐにハンガーにかけて乾かすのがシワを防ぐ秘訣です。

他にも、洗濯ネットにひとつずつワイシャツを入れて洗ったり、そもそも洗濯機の中に余裕を持った状態で入れる(パンパンの状態で回さない)というのも、シワを防ぐためのポイントです。
今回ご紹介した方法を上手に取り入れて、あなたもぜひ自宅でワイシャツをピカピカにしてみてくださいね!