コラム

いつまでも若々しく見られたいと思うのは男女に共通した思いですが、エイジングケアとなると女性向けのものが多く、男性にはハードルが高そうなものばかり。
エステなどに通うのも勇気がいるものですから、自宅でできるフェイスラインの整え方を覚えてスマートな小顔づくりをしていきましょう。

老け顔の原因になっているものは、主にフェイスラインの崩れによるものです。顔の筋肉の衰え、たるみやむくみ、ほうれい線が目立っているなどがあります。
これらは血行が悪くなり老廃物が上手く排出されていなかったり、顔に脂肪が付いてしまっていたりすることが原因で引き起こされやすいです。

まず、人差し指と中指を下のまぶたに軽く当てます。
そこから円を描くように目尻、頬、鼻筋にかけてマッサージをしていきます。
5セットを目安に行なっていきましょう。

それが終わったら再び下まぶたに人差し指と中指を当てて、こめかみに向かってマッサージをしていきます。これも5セットを目安に行ってください。

このようなマッサージを目元周りのエイジングケアとして効果があります。

口元を整えるためのマッサージは中指と薬指で行っていきます。
口の両端に中指を当ててラインに沿って顎まで下げていったら、強めにその部分を押してください。
次に口の両端に中指をあてて、薬指が口の両端にかかるまで横にスライドしていき、そこで強めに押します。
最後に鼻の下から上唇に指先が触れるか触れないかという程度までスライドして、その部分を指圧してください。

以上を3セットから4セットを目安に行っていきましょう。

ほうれい線は、鼻の両端から口の周辺にかけて伸びているラインで、このラインが目立つと非常に老けた印象を与えてしまいます。逆にほうれい線対策を行えば、若々しい印象を周囲に与えることができるでしょう。
ほうれい線対策のマッサージでは、クビ周辺のリンパを刺激するようにマッサージを行っていくと効果的です。
クビ周辺には顔につながっていく筋肉が集中しているので、直接ほうれい線部分をマッサージするよりも「顔を支える筋肉」が鍛えられるので、効果的なマッサージとなります。

耳の後ろに指4本をあてて、ゆっくりと肩にかけてマッサージをしていきます。左右両方を一度に行うのではなく、片方ずつ行っていきましょう。
これは10回を目安にマッサージしてください。
次に親指を顎の下に添えて耳の後ろに向けてマッサージしてください。こちらも目安は10です。

リラックスした状態でマッサージを行うことで、その効果は更に高まります。
オススメは入浴中にこれらのマッサージを行っていくことです。誰に見られるわけでもなく、リラックスした状態を作り出せる時間ですから、マッサージにうってつけの時間だと言えるでしょう。
また、入浴中は血の流れが良くなっていることからもマッサージの効果を高めることができます。
今回紹介したマッサージを実践して、スマートでかっこいい大人の男を目指していきましょう。