コラム

単発の男性にとって、もみあげは重要なパーツです。
もみあげの形を整えることで、顔の印象もグッとアップすることがあります。

しかし、もみあげを美容院や床屋で整えてもらってから、次に行くまで放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

もみあげの手入れは髪全体よりも早いタイミングで必要になって来ますが、慣れれば自分で整えることもできます。 今回は印象アップに繋がる社会人におすすめのもみあげの整え方をご紹介します。

もみあげを自分で整えるときは、まずは道具を用意しましょう。

顔を映すための鏡としては、形を整える際に両手を使いたいので手持ちではなく置けるタイプのものを選ぶようにしましょう。
また、もみあげを剃るためのシェーバーに、処理する前に毛の流れを整えるコーム(くし)も用意しておきましょう。
他にもカットするために必要なバリカンかはさみを用意してください。

眉ペンも用意できると便利です。

道具を用意したら、もみあげの長さを決めましょう。

社会人におすすめの長さは、耳たぶくらいまでの長さです。
これより長いとワイルドな印象に、短いと爽やかな印象になります。
自分が与えたい印象に合わせて長さを決めると良いでしょう。

 

迷ったら耳たぶぐらいの長さにするのが無難で良いでしょう。
長くする場合には頬骨に当たるぐらいまで、短くする場合には耳の穴ぐらいの長さにしましょう。これより短いのはあまり社会人の方にはおすすめしません。

なお、クセの強い方は短く整えないともみあげが散らかった印象になってしまいますので、ハネが収まるまでカットしてしまいましょう。

もみあげの長さを決めたら、もみあげの形を整えましょう。

社会人におすすめの形は、毛先を逆三角形のようにとがらせた形です。
この形のもみあげは、どのようなヘアスタイルにも似合いやすいです。

もみあげの長さを耳の穴の真横くらいの短めにすると、爽やかな印象になるので短髪の場合などはよく合います。
短めの長さのもみあげは、耳にかける髪型の場合もおすすめです。

毛先を逆三角形型にとがらせる整え方の場合、もみあげは後ろから剃って整えると小顔効果が得られます。
もみあげを後ろから剃るともみあげの形が前に傾いた形になるので、顔の面積を少なく見せることができるのです。
顔が大きいことを気にしている方には特におすすめです。

もう一つのおすすめは四角い形のもみあげです。こちらは男性らしい印象や、堅い印象になります。もみあげの形を垂直に整えるため整え方が簡単で、誰にでも似合いやすいのもメリットです。 基本的には前と後ろを整えると良いのですが、後ろが難しければ前側だけを整えても、それだけでかなりきれいになって印象が良くなります。