コラム

ヒゲを剃るときにカミソリを使用している方は多いですが、カミソリで毛を剃るとカミソリ負けが起こってしまうことがあります。
カミソリ負けを起こすと目立つだけでなく、皮膚が炎症を起こして痛みや痒みが出たり、ときには湿疹ができてしまうこともあります。

なぜカミソリ負けが起きてしまうのか原因を知って、カミソリ負けを予防しましょう。

カミソリ負けの原因として代表的なものが、カミソリが古かったり不衛生だったりすることです。
これを防ぐために替え刃のタイミングが分かるようなカミソリも多く存在します。

同じカミソリを使い続けると皮膚に細菌がついて繁殖してしまうこともあり、これが炎症の原因ともなってしまいます。
ずっと同じものを使っているなと思ったら、カミソリを交換することをおすすめします。

また、最近では使い捨てタイプのカミソリも発売されているので、こういったものを使うのも良いでしょう。

肌が乾燥していると摩擦が強くなりやすいため、カミソリ負けも起こしやすくなります。

カミソリを使用することで肌の表面を削ってしまうため、余計にカミソリ負けをしやすくなるという悪循環にもなってしまいます。
乾燥した肌にカミソリを使うとカミソリ負けを起こしやすいので、カミソリを使うときには洗顔やローションなどを使って事前準備をすることが大切です。

肌に十分な潤いを与えてから剃り始めるようにしましょう。

もともとの肌質が乾燥肌の人は、カミソリ後のスキンケアをしっかり行うことでカミソリ負けしにくい肌作りをしましょう。
また、食生活を改善するなど、肌質から改善していくこともカミソリ負け予防法になります。

カミソリ負けの原因として、間違ったそり方をしているケースもあります。

たとえば同じ場所を何度も剃ったり、いきなり逆剃りをしたり、肌に充分に潤いを与えないまま乾燥した状態で剃ってしまうというようなケースが挙げられます。
このような間違った剃り方をしていると、カミソリ負けの原因になるので注意しましょう。

カミソリ負けを防ぐには正しい剃り方をすることが必要です。
毛の方向に従った順剃りを基本として、肌に負担を与えないようにしましょう。
同じ場所を何度も剃るのもNGです。
剃り終わったらローションなどを塗ってしっかり保湿ケアしましょう。

もしカミソリ負けを起こして肌が荒れてしまったら、ローションで保湿するだけでなくオロナインなどの薬を塗ることをおすすめします。
オロナインには、痛みを抑えたり殺菌消毒の効果もあるのでカミソリ負けには有効です。