コラム

他人から男前だと思ってもらえる身だしなみを目指すなら、注意したい点がいくつかあります。

成功している企業の経営者になるためには、どんな身だしなみを身につければいいのでしょうか?

第一印象はその後の人付き合いを大きく左右します。
経営者の身だしなみは、どんな言葉よりも雄弁にその会社の特性を語ることでしょう。
「デキる男」として周囲に認知されたいなら、清潔感に重点を置いた身だしなみを心がけましょう。

いかにも不健康そうな人から、健康食品を購入したいと感じる人はいませんよね。
どんなにいい商品やサービスを提供できたとしても、見た目が不潔では台無しです。

また、オシャレは足元からとよく言いますが、清潔感をアピールする上でも靴への配慮は欠かせません。
足元が汚れていては身だしなみへの関心がない人だと思われてしまいます。
できるかぎり靴はピカピカにしておきましょう。

清潔感にいくら気を配っていたとしても、くたびれた服装や堅苦しすぎるスーツ姿では垢ぬけたイメージからは程遠い印象になります。
職種によってはカジュアルな服装での勤務が認められているところも多いですよね。

ただ、いくらカジュアルな服装がOKと言っても、いかにもそのへんの量販店で購入したというような安っぽい印象のファッションはNGです。
反対に華美すぎるデザインもいただけません。経営者があまりにも派手なファッションをしていると、商品やサービスのイメージに影響することもあります。

シンプルなデザインが好みなら、柄物よりも無地の方がコーディネイトしやすいですが、それだけでは面白みがないと感じるなら、シャツの襟の形にこだわると個性を出しやすいです。

たとえば、コーディネイトに上品さを取り入れたいならホリゾンタルカラーがおすすめ。
衿の開き具合が水平に近い形をしており、ノータイで着た際きれいに衿が開くため、クールビズファッションに取り入れやすいシャツです。

たとえ普段のスタイルがカジュアルであっても、大事な商談があるときや勝負をかけたいときは、きちんとした服装を整えて臨みたいものですよね。
大切なのは、季節感を意識した素材選びをすること。
夏場なら、麻やシアサッカーなどの軽やかで通気性の良い素材を取り入れたジャケットを羽織れば、見た目の印象も涼しげですし、快適に過ごせます。

裾を折って着られるタイプのジャケットなら、こなれた印象を作りやすいですよ。

経営者の印象はそのまま企業自体の印象に変わります。トップだからこそ、今まで以上に自分の身だしなみに気をつかうように心がけましょう。