コラム

最近では、男性でも丁寧にスキンケアをするのは当たり前になってきています。
しかし、まだまだ正しいスキンケアの方法が分からないという人も少なくありません。

そこで今回は、男性がついついやってしまいがちな間違ったスキンケアについて紹介します。

洗顔をするときに肌の汚れを落として清潔にしようとゴシゴシこすっていませんか?
洗顔の時に肌をこすりすぎると、摩擦によるダメージを与えてしまいます。

また、皮脂の落としすぎによる乾燥も起こりやすくなってしまうので、顔を洗うときにはこすり過ぎないようにしましょう。
洗顔料を泡立てて、優しく肌の上で泡を転がすように洗うのが肌を守るためのポイントです。

顔のアブラやテカリが気になる、ニキビや肌荒れが気になるという男性は多いもの。
しかし一日に何度も洗顔料を使って顔を洗うと、肌には負担がかかりトラブルが起きやすくなってしまうのです。

頻繁な洗顔は肌をコートして守ってくれる皮脂を落としてしまうため、肌は乾燥して逆に皮脂が多く分泌されてしまうのです。
洗顔料を使った洗顔は多くても朝と晩の2回にとどめ、洗いすぎに注意しましょう。

目を覚ましたい朝や夏の暑い日には、冷たい水で洗顔したくなるものです。
しかし、冷たい水で顔を洗うと毛穴は引きしまって閉じてしまいますし、皮脂も落ちにくくなります。

ぬるめのお湯を使って洗顔をすれば毛穴も開きやすくなり、顔の汚れを確実に落とすことができますよ。

顔を拭くシートでこまめに肌を拭くのは気持ち良いものですが、多用しすぎないようにしましょう。
顔を拭くときにこすったり、肌を守ってくれる皮脂まで拭き取ってしまったりすると、肌に負担となってしまいます。

顔拭きシートを使いたい場合は、優しく押さえるように拭く、あまり頻繁に使わないことなどが重要です。

化粧水などで保湿をすると肌がベタベタする、と思っている男性もいるかもしれません。
しかし、洗顔やシェービングのあとには適切な保湿をしたほうがお肌はベタつきにくくなるのです。

特にシェービングのあとの肌は乾燥やダメージが起こりやすいので、化粧水やクリームで 優しくスキンケアしてください。

「できてしまったニキビをついつい潰してしまう」という人も少なくないと思います。
ニキビを潰すと皮膚が荒れたり跡が残ったりするうえ、炎症を起こしてしまうこともあるなど良いことがありません。
ニキビができてしまったらきちんと洗顔や肌ケアをして肌を清潔に保つようにしましょう。

正しいと思っていた方法が逆に肌を傷つけてしまうケースも少なくありません。
正しいスキンケア方法を身につけて、肌を健やかな状態へ導いてあげましょう。