コラム

サラリーマンに欠かすことができないスーツですが、毎日続けて着ているわけでもないのに、ニオイが気にあることがありますよね。

簡単に洗えないうえに、汗やたばこ、脂のニオイなどさまざまなニオイがつきやすいという点に困ったことがある方もいるのではないでしょうか? 

ニオイのついたスーツでは「今日も1日頑張るぞ!」という気分にはなりにくいですから、スーツのニオイはそのままにしておかず、いち早く消臭することが大切です。

ここではスーツの正しい消臭方法をご紹介します。

強いニオイがついたスーツ、特にワキ裏などにきついニオイがあるスーツは、一晩お風呂場に吊るしておくだけでニオイを取ることができます。

シャワーやお風呂に入った後、水蒸気がこもったお風呂場にスーツをハンガーにかけて吊るしておきましょう。スーツ裏のニオイがひどい場合は、スーツをひっくり返して吊るしておくと効果的にニオイを取ることができます。

 

なぜお風呂に一晩吊るしているだけでニオイが消えるのかというと、お風呂場の湿気の水分がスーツに含まれ、そのまま一晩かけてゆっくりと蒸発することで、ニオイも一緒に取ることができるのです。

 

除湿機や乾燥機など使用せずに時間をかけて行うのがポイントです。

原理としてはお風呂場に一晩干すという方法と同じです。
お湯を霧吹きでスーツに吹きかけ、そのまま一晩ベランダに干しましょう。
霧吹きはむらができやすいので、しっかりとスーツ全体を湿らせるように意識しましょう。

水よりもお湯を使った方がニオイを取りやすいので、出来るだけお湯を使うようにしましょう。

スチームアイロンを使うと短時間で、確実にスーツのニオイをとることができます。
ニオイが気になるところだけでなく、首まわりやワキ、背中などを重点的にスチームアイロンしておくと日中のニオイ防止としても活躍します。
スチームアイロンを使うと高温で消臭でき、効率よくニオイを取ることができるので、スチームアイロンを持っている方は是非試してみてください。

お風呂場やベランダに一晩吊るしておく方法よりも効果を実感する人が多いようです。

今回紹介した方法は、スーツのニオイを自宅で簡単にとることができるのでまめに行うのがおすすめです。
クリーニングの頻度を減らすことができるので、スーツの生地を痛めずに長持ちさせることができますよ。
スーツのニオイを消臭して、気持よく仕事に臨みましょう!