コラム

働いていれば誰でも「出世したい!」という思いがあるものです。

なぜなら、出世は世の中から認められた証であり、何より自分のステータスを上げる事実になるからです。
では、どんな人間が出世するのでしょうか? その共通点を考えてみましょう。

出世して生き生きしている上司や友人が周りにいたら、その人の顔を思い出してみて下さい。
「かっこよく輝いている」そんな顔つきをしていませんか?

出世することは「人の上に立つこと」であるといえます。
そのため、何より人をグイグイ引っ張れることが最低条件になり、それを身につけている人はやはり、男らしくかっこよいといえるのです。

健康できびきび動ける人でない限り、人の上に立つことはできません。
出世する男性は自ずとこのような自分を作り上げ、誰が見ても目を引くような男らしい外見を持っています。

そしてその外見が自然と彼に出世の道を切り開いてくれます。

出世する男性に共通するのは「人のため」に率先して動けるということです。
それは決していやらしい感じもなく、その人に染み付いている行動なので、その行動によってどんどん人を惹きつけます。

そして自分がしたことで誰かが喜ぶと、その姿を見てさらに喜びを感じ、それを見た人を感動させます。
こんな男性は人に慕われ、信頼されるようになり、気がつくと出世しているのです。

出世する人は常に他人の立ち位置を考え、「どうしてあげれば心地よく仕事ができるか?
を考える能力を持ち備えています。

そして、自分が与えた環境によってその人が何かを上手に成し遂げると、しっかり尊敬ししっかり褒めることができます。
誰に対しても公平で、相手が安心できる環境や評価を提供できる男性は、徐々に上の人からも一目置かれるようになるのです。

プライドの高い男性は間違いを犯しても素直に謝ることができず、どんどん人との間に溝を作ります。
しかし、出世する男性は間違いを認めて潔く謝る心をもっており、その人間性で人に受け入れられていきます。
「誰でも間違いはある、だから自分も間違うことがある」という考え方をしているので、他人が間違いを犯しても上から目線で冷たくしたり、ひどく非難することもありません。

多くの人の上に立つ人間として絶対的に必要な「人を受け入れる気持ち」を持っており、そのためには自分の過ちを素直に認めることが大事であることをよく知っているのです。

「どんな男性が出世するか?」を考えてみると、自分を大切にし、同時に自分を取り巻く人々も大切にしていることが分かりますね。
人の上に立つ人は、周囲の人々がいるからこそ自分の地位があることを理解しているのです。