コラム

日々暑さに悶える夏の時期。あまりの暑さに、顔中から汗が滲んで困っている方々もいるのではないでしょうか。
この時期の男性は、汗や皮脂の過剰分泌に悩むもの。
そもそも男性はホルモンの影響により皮脂の分泌が活発なため、額や頬のテカリはどうしても出てしまいます。
多くの男性が自分なりの洗顔・スキンケアで対策していますが、効果の出ていない方もいるのではないでしょうか。
本日は男性のためのケアの仕方をご紹介します。

テカリを抑えるため、ゴシゴシと熱心に洗顔をする方もいると思います。
皮脂を落とせば肌のテカリはなくなる、と考えてはいないでしょうか。

それが、男のオイリー肌をさらに誘発しているのです。
皮脂は肌を細菌などから守ってくれるバリアの役割や、肌の潤いを一定に保つ役割を持っています。
これらは肌にとって必要な要素なのです。

顔を洗いすぎて皮脂が少なくなってしまうと、身体が足りなくなった皮脂を補おうと分泌し始めるのです。
これがオイリー肌の原因になります。

洗顔は日に1,2回だけに抑えましょう。
その際にも肌への負荷や皮脂の落としすぎを考慮して、しっかり泡立てた洗顔料で優しく撫でるように洗いましょう。

使う洗顔料にも注意が必要です。
ドラッグストアのメンズ化粧品売り場に行くと、「スクラブ入り」「ミント成分入り」などと銘打たれた洗顔料を見ると思います。
これらの洗顔料は一時的な爽快感や洗い心地は良いのですが肌への刺激が強すぎるため、肌に優しい洗顔料を選ぶ必要があります。

また、洗顔料のほかにオイルタイプのクレンジング剤を使うこともオススメです。
これは皮脂などの顔の油汚れを浮かして落とす働きがあるので、ゴシゴシと顔を擦らずとも油を落とすことが出来ます。

最後に、洗顔後は失った保湿能力を補う必要があります。
必ず化粧水や美容液を使って、軽く叩くようなイメージで肌への潤いを回復しましょう。

この際に、アルコール成分の入っていない商品を使うよう心がけることが重要です。

洗顔で顔の脂を洗い流しさっぱりとした後というのは心地良いものです。
ですが今度は、落としすぎた油分を適度に補わなければなりません。
そのため、洗顔後のオイルケアが重要になってきます。

オイリー肌の男性は思わず敬遠してしまいそうですが、これにより必要な分の皮脂を維持して過剰分泌を抑えることができるのです。

スキンケア・フェイスケアというものは、かなり気を使わないといけないものです。
ですがそれをしっかりと行い綺麗な肌を手に入れれば、「この人は細かいことにも手を抜かない人なんだ」という印象を相手にあたえることになります。

さまざまなビジネスシーンでは、人と顔を合わせる機会が多いと存じます。
そのとき相手への第一印象を良くするためにも、フェイスケア・スキンケアはしっかりと行っていきましょう。